『切り抜き通信寺子屋』募集のお知らせ

モーネの切り抜き通信寺子屋は、教える学校ではありません。

ノートの切り抜きを伴走しながら、その人がまだ気づいていない個性を導くことを心がけています。

 

切り抜きを毎月ノートに貼ってモーネに送る。

モーネからはノートの中の個性の種をさらに育てる処方箋を返します毎月のそのやりとりの中で、新聞紙など日々の中で材料を見つけることで、ものの見方が変わったり、材料や時間がない時にどうにかしようと工夫する中に個性がひょいと顔をだしたり。

 

一つのモチーフを1年間通して向きあう時間は、時に迷い悩むこともあるけれど、最終回10回目のノートの切り抜きがポストカードになった時「これが自分の作品!?たのしかったかも」と、きっと感じてもらえる切り抜き通信です。

 
*お申し込み・詳しくは → こちら