切り抜き通信寺子屋募集 *募集は終了しました。*次回の募集は2019年11月末を予定しています。

毎日続けることで、ものの見方や発想のトレーニングとして、そこから生まれるカタチやグラフィックはもの作りのアイデアソースになっているモーネの通信寺子屋です。
切り抜くモチーフを決めて日常の紙を切り抜き、一年間10回のやり取りをします。
毎回、講師の井上由季子から、それぞれの切り抜きへの「処方箋」を一緒にお送りします。
ずっと続けることは大変ですが、日常の紙を材料にした切り紙を通じて、おもしろおかしいさまざまな発見や楽しみ、「気付かなかった自分」を見つけてください。

●募集人数:15名  *定員になりましたので募集は終了しました。

 

●受講料:60,000円

受講料には、1年間(10回)の「処方箋」のほか、切抜きの材料やコピー代、「切り抜き」をお返しする際の送料が含まれています。 

モーネ工房にお送りいただく送料は、受講者各自のご負担になります。

お休みの場合や送付が滞った場合、受講料の返金はいたしません。

 

●進め方

①「切り抜き」のモチーフを決めます。

② 1月1日から、一日ひとつ “自由に” モチーフを切り抜いてノートやスクラップブックに貼り、日付を書きます。

③ 1ヶ月続けた「切り抜き」をモーネ工房に送っていただきます。

  1回目の送付は2月からになります。8月はお休みになります。

④ 送っていただいた「切り抜き」に井上由季子が「処方箋」書き添えて返却します。

⑤「処方箋」の内容を受けて「切り抜き」を続けます。(以下③を繰り返します。)

*『切り抜き通信寺子屋』の進め方の例 > こちら

 

●お申し込み

①お名前、②住所(郵便番号)、③電話番号を記載して、下記のアドレスまでお申し込みください。

お申し込みいただいた方には、受付けの返信と「切り抜き通信寺子屋」の案内を郵便でお送りいたします。

 申し込み先mail@maane-setouchi.com

*返信のメールが受信できるよう、受信制限の設定は解除してお申し込みください。