2021/06/07
4月にカフェをopenした姪から頼まれていた器、残っていた半分がようやく完成。 モーネの感じがいいとの希望だったので、底の部分に少し丸みを持たせて店名の“lokki”の文字を刻印した。 色は3段階のグレーにしてオリジナルのカタチができた。 いろいろあったので遅くなったけど、約束が果たせて少しほっとした。...
2021/05/26
観音寺から善通寺へ、国道を避けて山間の道を通って行くことに。(お遍路じゃないですよ) 途中、一瞬目に入った看板が気になってしばらく走ってUターン。 カーブした道路を抜けた所だったので気が付かなかったけど、緑に囲まれたいい感じのカフェがあったので一休みすることに。...
2021/05/17
先日、日誌で紹介したカモメに乗ったクキコさんとラフのカードは、切り紙作家のサトウアキコさんから少し前に届いたラフに乗ったクキコママのカードが、身長2㎝のミニチュアなのに、いつものベレー帽とsousouの洋服、赤いルージュのクキコママ。...
2021/05/08
姪の一冬(いと)が始めたカフェ - lokki が一ヶ月になる。 新しく始めること続けることは、今の世の中を考えるときっと大変だろうな。...
2021/05/02
春に古い葉を一気に落としてどんどん新芽が出てくる。
2021/04/18
4月10日の夕方、クキコママが旅立ちました。 昨年末から少しずつ体調が悪くなって、ご近所の方にも支えてもらいながら二人での介護が始まりました。 2月に善通寺の『四国こどもとおとなの医療センター』で医療者の方々にお世話になっての入院。...
2021/04/07
姪の一冬(いと)が、今日4月7日からずっと夢だった小さなカフェをはじめる。 クキコママは、自分のスコーンが孫のカフェでメニューに加わることをほんとうにたのしみにたのしみにしてきた。 工作所は、お店のイメージを聞いて看板やお店で使う器を形に。 ロゴやDM、ショップカードは、やりとりを重ねながら彼女自身がデザインしたもの。...
2021/03/29
瀬戸内に越してから半年後の3月に庭に植わった楠木(くすのき)。 3年経ったら支柱を外していいですよと、庭師さんから言われていた。 植えた時に立ち会ってくれたガーデナーの奥田由味子さんが訪ねて来てくれたので一緒に支柱を外すことに。 モーネの卒業生や仲間が贈ってくれた楠木、3年間で少し大きくなりました。...
2021/03/21
滋賀県の彦根にある & Anne さんがこの春で8周年を迎えて、今年もまたお客さんへのプレゼントに記念のブローチを作らせていただきました。 今回は、ペンで試し書きするような何気ない線を家のカタチに描いたブローチが出来ました。 こんないたずら書きのようなのもおもしろいかなと、楽しみながら手を動かしてみました。/seiken工作所*
2021/03/16
しばらくバタバタしそうで、ご近所さんの金柑を第二弾収穫してシロップ煮を作った。 お鍋に入った金柑は、ふと輝く星に見えた。

さらに表示する