2021/11/29
四国こどもとおとなの医療センター・小児病棟への12月のカレンダーは、段ボール紙に絵具を塗ったツリーを台紙に貼って、赤と白の色紙でこどもたちが好きな形のオーナメントを貼ってもらうことにしました。
2021/11/24
▼ジグザク数字のカレンダー
2021/11/14
モーネの切り抜き通信寺子屋は、教える学校ではありません。 ノートの切り抜きを伴走しながら、その人がまだ気づいていない個性を導くことを心がけています。 切り抜きを毎月ノートに貼ってモーネに送る。...
2021/11/09
新聞紙や包装紙など日常の紙を材料にした切り紙の通信寺子屋、2022年度の「切り抜き通信寺子屋」の募集を始めます。 毎日続けることで、ものの見方や発想のトレーニング、そこから生まれるカタチやグラフィックはもの作りのアイデアソースとして、切り紙を通じて、日常のおもしろおかしい発見や楽しみを見つけてください。 *お申し込み・詳しくは → こちら
2021/11/03
京都からここ仁尾の町に来て、10月で4年が経ちました。 生活ももの作りのペースも自分たちのスピードで。 庭の小屋も、一昨年の夏に園芸用のスコップで毎日穴を掘って基礎を作り始め、2年の間に少しずつ作り進めて先日ようやく小屋の中に明かりが灯りました。 自分で作った陶器のランプシェードの照明、天井から下がった姿がなかなかかわいくて気に入ってます。...
2021/10/25
姪の一冬(いと)から、先日発売された雑誌「SAVVY」に4月にOPENしたカフェを紹介してもらったと掲載された雑誌が送られてきた。 お店で提供しているおばあちゃん(クキコママ)から教わったスコーンのことも書いてくれていてうれしくなった。...
2021/10/18
11月に米子にある 'tis clay さんでワークショップを開催します。 来年12ヶ月の『カレンダーを作る』ワークショップと『陶器のブローチを作る』ワークショップです。 『カレンダーを作る』は、雑誌や包装紙など日常の紙や透ける紙などモーネのこだわり素材を切り抜いて12ヶ月の台紙に貼り、来年12ヶ月のカレンダーを作ります。...
2021/10/09
『切り抜き通信寺子屋』も残り回数が少しになった。 先月今月とノートにポストカードの台紙を貼り、そこにカラーとモノクロで切り抜きを貼る処方箋。 毎年、色を無くして向き合ってもらうと、カラーにもどった時にその前より構図が力強くなる。 *来年度の『切り抜き通信寺子屋』の募集案内は11月になったらお知らせします。
2021/09/25
4月に母のクキコさんが亡くなって、5月6月は片付けや整理の時間になったので土の仕事は7月になってから。 春先から声をかけていただいていた器やボタン、それから自分の作りたいものに取りかかるが、写真のボタンも暑い季節を越えてようやく納品出来ました。 これがこの夏の土の仕事の第1号。...
2021/09/17
今月の展示は、グラフィック工芸コース卒業生の吉川さんの『植物絵日記』 9月と10月の二ヶ月分61枚を展示した。

さらに表示する