2021/07/31
去年の夏、“四国こどもとおとなの医療センター”の中にあるカフェがコロナ禍で閉まることになった時、父の深海魚の切り紙を貼った場所が、入院中に必要な服や小物と本のお店として7月にリニューアルオープンすることに 店内の壁は、父の深海魚に入れ替えてクキコママの日常の紙から切り抜いたソックスの切り紙が展示されることに。...
2021/07/18
7月20日発売の天然生活9月号『今の私の家族の話』特集の中で、クキコママが入院中に届けた写真レターが掲載されています。 入院した『四国こどもとおとなの医療センター』へ毎日届けた写真と一言のA4サイズの手紙。...
2021/07/14
今も病院内に入れないのでワークショップも出来ず、手を動かす時間は医療者のみなさんに託す。 新聞紙を惑星の丸に切り、宇宙空間の印象を。ちょっと光るメタリックの紙で流れ星。 クキコさんを訪問看護してくださった看護師さんにも、ちいさなアートを楽しんでもらえればと毎月カレンダーを届ける約束をしていたので2枚作った星空のカレンダー。
2021/07/04
四国こどもとおとなの医療センターの入口にあるレストランに併設されたギャラリーに、香川大学創造工学部の学生の課題作品を展示した。 課題の『未来のデザイン』は、「病院内で患者や家族、医療者が抱える痛みや不安をデザインの力で軽減するものを創造する」というもので、実際に誰かのために何が出来るかを想定して創造してもらった。...
2021/06/19
非常勤を勤めている香川大学のひとつ目の演習『生活のデザイン』が先週終了した。 今年は、初めていつもと違う試みを3つある課題の真ん中に入れてみた。...
2021/06/07
4月にカフェをopenした姪から頼まれていた器、残っていた半分がようやく完成。 モーネの感じがいいとの希望だったので、底の部分に少し丸みを持たせて店名の“lokki”の文字を刻印した。 色は3段階のグレーにしてオリジナルのカタチができた。 いろいろあったので遅くなったけど、約束が果たせて少しほっとした。...
2021/05/26
観音寺から善通寺へ、国道を避けて山間の道を通って行くことに。(お遍路じゃないですよ) 途中、一瞬目に入った看板が気になってしばらく走ってUターン。 カーブした道路を抜けた所だったので気が付かなかったけど、緑に囲まれたいい感じのカフェがあったので一休みすることに。...
2021/05/17
先日、日誌で紹介したカモメに乗ったクキコさんとラフのカードは、切り紙作家のサトウアキコさんから少し前に届いたラフに乗ったクキコママのカードが、身長2㎝のミニチュアなのに、いつものベレー帽とsousouの洋服、赤いルージュのクキコママ。...
2021/05/08
姪の一冬(いと)が始めたカフェ - lokki が一ヶ月になる。 新しく始めること続けることは、今の世の中を考えるときっと大変だろうな。...
2021/05/02
春に古い葉を一気に落としてどんどん新芽が出てくる。

さらに表示する