2018/05/24
ホスピタルアートディレクターの森合音(もりああいね)さんにお声掛け頂いて『四国こどもと大人の医療センター』内で開催するワークショップ。 今年の一月から始まって毎月1回、善通寺まで車で20分ほど、今は私も一人で運転して行けるようになりました。 少し遅くなりましたがまとめての報告です。...
2018/05/13
GW前から始まった自宅&倉庫の片付け、来客や雑用の合間に大工仕事やペンキ塗りをしてゆっくり整ってきました。...
2018/05/04
今月発売になる連載中の二つの雑誌が届きました。 『栄養と料理』は、四国こどもとおとなの医療センターの取材記事を3回に渡って掲載しています。 この病院ができた頃にモーネの生徒たちがテーマを決めて『しりとり絵本』作りを協力してくれていて、その写真が今月号に載っています。...
2018/04/29
わが家のラフが15歳になりました。 ずいぶん高齢になったこともあって、毎日の薬が欠かせないようになっています。 一日のほとんど寝ていることが多くなりましたが、水の好きな彼女は、海へ来るのがほんとうに楽しみのようでしっぽをピンと立てて歩いています。 この景色を眺めながら一緒に散歩ができるよういつまでも元気でいてね。
2018/04/25
お向かいのNさんから、近くにある金柑の木に実がたくさんなってるから好きに穫っていいよと声をかけてもらったので、井上の母と工作所の3人とラフも連れて金柑を収穫して来た。
2018/04/22
今日で瀬戸内に引越して半年が過ぎた。 あっと言う間だった様にも感じるし、半年間の濃い中身にたくさん時間が過ぎた気もする。 今月の通信寺子屋も終わり、ずっとそのままだった工房の荷物を整理整頓するぞぉ〜!!  と、窓を空けて風を通し、連休明けを目標に今日からスタート。
2018/04/16
2月からスタートした通信寺子屋。 今年は、切り抜き通信の1年生と2年生、卒業生を対象にした記録ノートのコースを合わせて毎月60人とノートや紙のやりとりをしている。 台湾やニュージーランドの方も参加してくれていて、郵便が届くところならどこでもやりとりができる。 4月の切り抜き通信2年生は「らくがきアート」という、木の枝や割り箸でらくがきする課題。...
2018/04/11
「切り干し作る?」と、Yさんから畑で作った大根を5本いただいた。 大根が入っていた段ボール箱の中の白い梱包材に目に止まり、「これ、切った瑞々しい大根に見える!」とお礼状を思いついた。 梱包材をいただいた表情のある大根の形に切って、段ボールに洗濯バサミで留めてみた。
2018/04/04
建築模型の制作が終わり、久しぶりの土の作業は、滋賀県彦根にあるお菓子と本と日用品のお店 & Anne(アンド・アン)さんの開店5周年記念のブローチ作りでスタート。 このお店は、“Anneの家”がテーマなので、毎年作らせていただく記念品は家のカタチ。 今年は、白い土に点や線の表情を付けて透明の釉薬で仕上げました。...
2018/03/31
そうだ、今月もサンビームへ行こう!  と、思い立って、高速バスで京都・西京極にあるサンビームへこまっちゃんに会いに。 西京極運動公園の満開の桜とおいしいランチとこまっちゃんの数々の笑いネタに何度も爆笑した時間は、まるで実家に帰ってきたように思う。 帰りの時間ぎりぎりまでいろんな話をして向かった京都駅。...

さらに表示する