ホーム  >  モーネ寺子屋

モーネ寺子屋

 

プロダクトデザイナー・Seiken工作所とグラフィックデザイナー・井上由季子が主宰する

手と心を動かして想いをカタチにするもの作り学校

切り抜き通信寺子屋

 

新聞紙など日常の紙を材料にした切り紙の通信寺子屋。毎日一つの切り抜きを続けることで、ものの見方や発想を変えるトレーニングとして。切り紙を通じて、日常におもしろおかしいさまざまな発見や楽しみを見つけてください。 

 

*次回の募集は2018年11月の予定です。

 

 

 


記録ノート通信

 

こまっちゃんの『こ・まかないノート』やグラフィック工芸コースの2期生:吉川さんの『植物絵日記』、3期生:みらいちゃんの『読んだ本のはがき絵』、4期生:八島さんの『しりとりえほん』、かえる食堂の松本朱希子さんの『広島の実家からの植物記録』など、それぞれに興味があることを紙に記録したノートは、とても大きな個人の情報の財産となりました。記録を継続することの大事さを常に感じています。ただ、同じことを独りで続けるのはなかなか難しいけど、誰かに見てもらえることで続けられるように思います。

このコースはそれぞれの記録ノートを送ってもらい、毎回何か感じたことを無責任につぶやいて返球する、紙の記録のキャッチボールのような通信です。

 

*グラフィック工芸コース、切り抜き通信寺子屋の卒業生が対象です。

*次回の募集は2018年11月の予定です。

 

 

 


こども寺子屋

 

一人一人違う子どもたちの個性を大切にして、模範解答があるような世界から自由になって、のびのびとした気持ちでもの作りの時間を共有するもの作り学校です。

 

*美術館やギャラリーなど、ご依頼いただいた場所に出向いてワークショップを行います。