切り抜き通信寺子屋の例

見ているようでまだまだ見ていない日々の紙。

新聞紙やチラシ、包装紙など、見渡すと身の回りには素材になる紙がたくさんあります。

切り抜きは、凝ったことはせずに、最初は「見つける」ことから始めます。

ひとつのモチーフを切り抜くのは、一年間通してじっくりとひとつのモチーフに向き合うことで、もう一歩自分の個性を出すためです。

自分では気がつかないけど、誰にでもかならずその人らしさが存在しています。

その個性を365枚、日々の紙をみつめ、切り抜くことで見つけ出す、モーネ流の通信講座です。

 

以下は、通信寺子屋の一例です。

「切り抜き通信寺子屋」のやりとりはアナログです。

受講者は、毎月「感想シート」にそれぞれ感じたことを書き込んで切り抜きと一緒にモーネに送付します。

送られて来た切り抜きを見て、モーネでコメントを付箋に書き込み、切り抜きに貼って返信します。

毎回、その人に合った「処方箋」を一緒にお送りします。 

 切り抜く紙を「処方箋」として、モーネからお送りする時もあります。

 

最初の1〜2ヶ月間は、シンプルにモチーフを切り抜きます。(例:まめ)

 

おもしろい個性が出た時は「処方箋」でチェックして、翌月も続けて向き合ってもらいます。

 

数ヶ月向き合うと、切り抜きのモチーフが面白い方向に展開してゆきます。

「処方箋」は、時にはテーマであったり、色であったり、ものの見方を変えるストレッチをします。

 

後半は、ポストカードやショップカードなど、画面のサイズを変えて向き合います。

 

最終回は、一年間続けた切り抜きの中からポストカードにして、終了のしるしとしてお渡しします。

 

 

お申し込み *定員になりましたので募集は終了しました。

①お名前、②住所(郵便番号)、③電話番号を記載して、下記のアドレスまでお申し込みください。

お申し込みいただいた方には、受付けの返信と「切り抜き通信寺子屋」の案内を郵便でお送りいたします。

 申し込み先mail@maane-setouchi.com

*返信のメールが受信できるよう、受信制限の設定は解除してお申し込みください。